レタックスを当日又は午前中に配達はWebレタックスが超便利!!


レタックスを当日又は午前中に配達




お祝い事やお悔やみごとがあった場合、何か一言送りたい場合があります。

その場合に便利なのがレタックスというサービスです。

そのレタックスを利用するにあたり、

「届けたい日にちや時間」

がそれぞれおありかと思います。


例えば、

「当日中に届けたい」

「明日の午前中に届けたい」

ということもあるかもしれません。


そういう場合、どうすれば望みの時間に届けてもらえるのでしょうか。

この記事では、

「レタックスを当日又は午前中に届けてもらうためにどうしたらいいのか?」

についてお伝えしたいと思います。


スポンサーリンク



 レタックスの日時の指定はWebの利用が超便利!!

レタックスは、祝電や弔電としてお相手に送ることができます。

それぞれのシーンに合わせてメッセージを届ける日本郵便のサービスです。
台紙もそのシーンに合わせて様々なものが用意されています。


そのレタックスですが、当日中に配達してもらうことが可能です。
申し込み方法はWebからでも郵便窓口からでもできます。

日本郵便のWebサイトでしたら、追跡サービスによって配達状況を確認することもできます。

Webから申し込む場合のホームページは、

Webレタックス

になります。


申し込みの翌日から10日以内であれば、配達日指定と配達時間帯の希望も可能です。

ご自宅で、超便利に利用可能なWebサイトをご利用なさってください。


 Webレタックスでは当日配達が可能か締切時刻の確認ができる!!

Webでの利用の場合、画面上で、

「当日配達締切時刻確認」

の機能が利用できます。

こちらの機能により、今現在の予約で当日配達が可能か一目で確認できます。


この機能の利用は次のような流れになります、

Webレタックス申込(かんたん作成)

本文作成

差出人設定

あて先設定

ここまで進んでいき、画面の

「当日配達締切時刻確認」で、7桁の郵便番号を入力すると確認ができます。


レタックスを当日又は午前中に配達
↑ ↑

画像では、

「758-●●●●の当日配達締切時刻:15:30」

となっています。


「13:30」や「15:30」の表示が出た場合は、おおむね当日配達が可能となっています。

地域によっては、当日配達や翌日の配達日指定及び、配達時間帯の希望ができない場合もあります。


以下は、画面上より表示されるヘルプの原文になります。

【当日配達締切時刻とは?】
表示される時刻(「13:30」又は「15:30」)までに申し込みを
完了していただいた場合は、当日配達可能です。

ただし、次のような画像、及びメッセージが表示される場合を除きます。

『翌配×』アイコン
「当日配達・翌日配達及び配達時間帯の希望ができない地域です。」
⇒交通事情等により、翌日までの配達を保証できない地域です。
 配達日指定をされる場合には、差出の翌日を1日目として、2日目以降9日目以内でご指定ください。
 また、配達時間帯を希望することはできません。

『指定×』アイコン
「配達日指定ができない地域です。また、当日配達及び速達扱いで配達ができない可能性がある地域です。」
⇒交通事情等により、配達日の指定ができない地域です。
 配達日指定して申込みをすることができません。
 また、当日配達及び速達扱いで配達ができない可能性があります。

『当配×』アイコン
「現在、当日配達及び速達扱いでの配達ができない可能性がある地域です。」
⇒一時的に遅延が発生している地域です。13:30より前の申込みであっても、
 当日の配達に間に合わない可能性があることをご了承ください。
 また、速達扱いで配達できない可能性があります。



スポンサーリンク


 レタックスを当日又は午前中の配達にするには

上記でも述べましたように、

おおむね15時30分まで(一部の地域におきましては13時30分までに)に申し込みますと、当日の配達が可能となっています。
(→ レタックスは日曜、休日も配達してくれます。)


また、申し込みの翌日から10日間以内の配達日を指定することができます。

配達時間も、申し込みの翌日以降であれば、

午前(9時~12時頃)
午後(12時~19時頃)

を希望することができます。


当日配達できない地域や配達日指定ができない地域がありますので、

レタックス当日配達確認一覧表

こちらもご覧になってください。


 Webレタックスのご利用の詳細

Webレタックスの利用の大まかな流れをまとめました。

ご利用に先立って、だいたいのイメージをつかんでください。

※ ホームページの画面を見ますと、操作の流れが分かるようになっています。


1. 利用登録
Webレタックスを利用するためにはWebゆうびんの利用登録をする必要があります。

2.台紙を選ぶ
利用の用途に合わせて好みの台紙を選ぶことができます。

3.メッセージの入力
カラー印刷に対応していて、イラストや署名、写真などをカラーで利用することができます。
かんたん作成とこだわり作成から選んで、お好み通りに編集できるようになっています。

4.お届け先の入力
差出人名とお届け先の住所を入力します。

ここで、配達日指定や時間帯希望の指定をすることもできます。

Webゆうびんで1年以内に利用したサービスの通数や料金などの利用履歴はいつでも確認できます。
また、保存した差出人名や届け先住所の情報に利用することもできます。

5.決済
支払いはクレジットカード又は、料金後納を利用することができます。

6・配達
郵便局からの配達になります。


以上にようになります。


スポンサーリンク


 まとめとして

祝電や弔電として利用できるレタックスを、

  • 当日
  • 午前中
  • に届けてもらうことは可能ということでした。

    そのためには、

    地域によっては13時30分までに、あるいは15時30分までに申し込みますと当日中に配達してもらえるということでした。


    もし、午前中に届けてもらいたい場合でしたら、

    届けたい日の10日前から可能ですが、遅くとも前日までには申し込みをし、配達日指定と午前(9時~12時)の時間帯希望を設定しなければなりません。

    結婚やお悔やみ、卒業、入学その他の様々なシーンで利用ができるレタックスです。

    是非ご利用になってみてはいかがでしょうか。



    スポンサーリンク




    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ