個人情報は名前や年齢のみでも含まれる?生年月日は個人情報?


個人情報には名前年齢のみ



とても大切なものとして扱われているものの一つとして、

「個人情報」

があります。


いろんなシーンで「個人情報」という言葉が飛び交っています。

ですが、

「どこまでが個人情報なのか?」

について、わからなくなることもあります。


例えば、名前年齢だけでも個人情報に該当するのでしょうか。

そうだとすれば、その扱い方には気を付けなければなりません。


そこで、この記事では「個人情報」とは何なのか?

名前や年齢だけでも個人情報といえるのか?

などについてお話ししたいと思います。


スポンサーリンク



 「個人情報」とは何だろう?

個人情報ですが、

「生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名や生年月日、その他の記述等により特定の個人を識別できるもの」

と言えます。

さらに、

「そのほかの情報と安易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む」

ということです。

とても難しい内容となっています。

ですが、ここで大切なことは、

1.個人に対する情報であること
2.特定の個人を識別できること

になります。

では、名前だけで考えてみますと、

本人の氏名のみでも、特定の個人を識別できる場合は「個人情報」になると言うことです。


見方を変えまして、

姓(名字)だけで誰かを特定するというのは難しいことですが、

「○○会社に勤務する」

とか、

「東京都○○区○○町○○番地在住」

などのプロフィールが加わることによりその人が誰であるかを特定できる場合は「個人情報」になります。


 生年月日や性別だけでは個人情報にならない

先ほども説明しましたように、

「個人情報」とは特定の個人を識別できるもの。

ということから、

  • 年齢
  • 生年月日
  • 性別

  • それぞれの項目一つでは個人情報にはならないということが言えます。

    つまり、それ一つでは特定の個人を識別することはできないからです。


    ただし、氏名と共に生年月日や性別が記されている場合は特定の個人を識別することができますので、「個人情報」になります。


    同じく名前と年齢だけでも個人を識別することはできますので、「個人情報」に該当します。


    スポンサーリンク


     個人情報の例としてどんなものがある?

    ここで、個人情報の例をまとめておきましょう。


    1.氏名は個人情報です。

    2.「yamada.hanako@ efg-shoji. co. jp」のような、所属団体と氏名から本人を特定できるメールアドレスも個人情報になります。

    3.個人を識別できる写真やビデオ画像、電話の録音なども個人情報になります。

    4.従業員の評価情報も個人情報です。

    5.インターネットや官報、電話帳などで公開されている個人に関する情報も個人情報です。

    6.氏名と関連付けられているすべての情報も個人情報になります。


     コンビニのレシートも個人情報になり得る

    個人情報には名前年齢のみ

    上記でも述べましたように、

    「個人情報」には、

    「氏名と関連付けられているすべての情報」

    も含まれるということでした。


    それで、例えば、

    平成31年1月15日に、あるコンビニ店でのり弁当が売れ、そのレシートが発行されたとします。

    現金で支払い、レシートにはのり弁当が売れたという事実と日付と金額が記されています。

    この場合ですと、

    買った特定の人を識別することはできませんので、そのレシートは「個人情報」でもなんでもありません。


    ですが、

    のり弁当を買った人が、ポイントカードを使って支払いをした場合、レシートにも個人名が記載される場合があります。

    そうなりますと、買った特定の個人を識別することはできるようになります。

    ですから、レシートに書かれている情報すべては「個人情報」に該当することになります。


    つまり、

    「個人名」はもちろん個人情報ですが、

    「平成31年1月15日にとあるコンビニで、のり弁当をいくらで買った」

    という内容も個人情報となるのです。


    スポンサーリンク


     まとめとして

    「個人情報」には名前と年齢だけでも該当するものなのか?

    についてお話ししました。

    「個人情報」とは特定の個人を識別できる情報ということですので、名前だけでも立派に「個人情報」になるということでした。

    さらに名前に年齢が加わることにより、

    より特定の個人を識別できるようになることから、名前と年齢だけでも十分に「個人情報」になるわけです。


    しかし、生年月日や性別だけでは特定の個人を識別することはできません。
    つまり「個人情報」にはならないということでした。



    スポンサーリンク




    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ