筑前煮や青椒肉絲など、たけのこを使った美味しい料理。
たけのこの旬の時期ではなくても、食べたくなって作る時は、たけのこの
水煮が使えますよね。
季節を問わず、どこでも手に入るし、下処理も済んでいて手軽で便利です。
ただ、たけのこの水煮は開封した時や、軽い調理後のすっぱい感じの匂い
気になったことありませんか?
天然のたけのこの様に、風味豊かな食感と味わいを期待していても、全然
違うので残念な気もします。
その水煮のたけのこの、酸っぱい風味の匂いの原因や、邪魔な風味を消す
方法をご紹介します。


スポンサーリンク


 いつでも食べられるよう水煮にした為の保存料が原因

先にお伝えするのは、安全であるということ。
酸っぱい=傷んでいる風味ではなく、保存料の関係で、どうしてもこの
酸っぱい匂いがしてしまうのです。
水煮の保存料には酸化防止剤が入っていて、その成分が乳酸やビタミンC、
クエン酸など、酸味のある食品添加物が使われているのです。
これらの保存料のおかげで、水煮の製品は酸化防止や変色などが抑えられて
季節を問わず、いつでも使えるようになっていますが、どうしても酸味の
匂い移りが防げません。
味の濃い料理などに使う場合は、そのままでも気にならない程度ですが、
どうしても気になるので、少しでも酸っぱい匂いを軽減したい場合は、少し
手間をかけて匂いを取り除いてから使うと良いでしょう。


スポンサーリンク


たけのこ本来の風味が欲しい!酸味を消す方法

天然のたけのこ程の香り高い風味にはならないまでも、すっぱい匂いが
消えたらもっと美味しくなるのに!
酸味が苦手な場合は特に思うことでしょう。
そこで、簡単に酸味を軽減する方法をいくつか挙げてみます。
まずは水煮の水を捨て、新しい水で軽く煮ること。
熱湯で2~3分茹でると、余分な酸味や保存料などの成分が抜けるので
気にならない程度に処理できます。
保存期間が長く酸味が強い水煮の場合は15分ほど茹でると良いようで
素材がくったりしてしまうかも知れませんが、匂いは軽減できます。
ゆで上げたたけのこを水洗いし、ザルにあけて水切りしましょう。
これで茹でこぼしの完了です。
酸味は気にならないけれど、水煮の水が添加物だから気になるな、と
いう場合は、調理する前に新しい水に少しさらしておくだけでもOK.。
是非やってみて下さい。


スポンサーリンク


 まとめとして

旬の天然たけのこは、食感も風味も断然素晴らしく高いものですが、
1年を通して手に入る時期は短いものです。
調理するまでに、ちょっとした下処理の手間もかかりますよね。
その点、水煮のたけのこなら、年中どこでも手に入り、食べたい時に
食べられる便利なアイテムです。
保存料が施されているのは仕方ないことなので、気になる酸味などを
軽減する処理をして、いつでも美味しく食べて下さいね。

スポンサーリンク