相撲の優勝賞金はどれくらい?気になる副賞にはどんなものがある?







日本の国技と言われる大相撲ですが、
毎回楽しみに見ているという方も多いのではないでしょうか。

相撲の世界はとにかく強さですよね。
強いものだけがのし上がっていける世界ではないでしょうか。

ところで、その大相撲で優勝すると優勝賞金がもらえます。
それに加えてたくさんの副賞ももらえます。

では、優勝した力士はいったいどれだけの優勝金や副賞をもらっているのでしょうか?

この記事では、その優勝金や副賞にまつわるお話です。


スポンサーリンク



 大相撲での優勝とは?

大相撲の優勝は、正式には、

「幕内最高優勝」

と言います。


毎場所、相撲界で一番強い力士を決めるわけですが、それぞれの番付ごとにも優勝が決められます。

つまり、

  • 幕内
  • 十両
  • 幕下
  • 三段目
  • 序二段
  • 序の口
  • の6つの階級、それぞれの番付で決められるわけです。


    横綱になるのは入門者500人に対して1人の割合です。

    その横綱には付き人が10人くらい付きます。

    それらの人達にお小遣いを上げるとなりますと、相当な金額になるわけですね。


     優勝金とそれに対する課税はどれくらい?

    優勝した力士には優勝金が贈られます

    番付ごとの優勝金の内訳は次のようになります。

  • 幕内では ⇒ 1,000万円
  • 十両では ⇒ 200万円
  • 幕下が ⇒ 50万円
  • 三段目が ⇒ 30万円
  • 序二段が ⇒ 20万円
  • 序の口が ⇒ 10万円

  • になります。


    三賞の殊勲、敢闘、技能それぞれに200万円が贈られます。


    ところで税金はどうなっているのでしょう?

    これらの賞金には一時所得として課税されます。

    一時所得の計算ですが、

    「収入金額-収入を得るために支出した費用-特別控除額」として計算します。

    さらに、その2分の1に相当する金額が他の所得と合計されます。


    ところで、先ほどの特別控除金額は50万円となっています。

    つまり、幕下以下の力士には課税されないことがわかります。


    スポンサーリンク


     お相撲さんの月給や懸賞金に関する話

    十両以上の力士は、日本相撲協会から月給が支払われています

    その内訳は、

  • 横綱は ⇒ 282万円
  • 大関は ⇒ 234万7000円
  • 三役は ⇒ 169万3000円
  • 幕内は ⇒ 130万9000円
  • 十両は ⇒ 103万6000円

  • のお給料になります。


    もちろんこれらの所得は給与所得となります。


    さて「十両」という呼称ですが、

    江戸時代の幕下二段目の上位、10枚目までの力士の給料が十両だったことに由来しています。

    幕下二段目といいますのは、現在の十両から幕下に相当する地位を指しています。


    続きまして、懸賞金に関してですが、

    人気力士の取り組みにはスポンサーから、1本6万2000円の懸賞金がかけられます。

    その内、

    ・5,300円は教会の事務経費
    ・2万6700円が税金支払いのため協会が積み立て

    となっています。

    というわけで残りの3万円を勝った力士が土俵上で受け取ることになります。

    もちろんこの懸賞金も事業所得として課税されます。


     優勝金の受け取りと副賞品の内容



    先ほども紹介しましたが、優勝しますと1,000万円の賞金がありました。

    それと共に数多くの副賞品がもらえます。


    優勝金の方は現金で1,000万円支払われることもあれば、銀行振り込みにもしてくれます。

    さて、千秋楽において土俵上では、優勝した力士に各企業から表彰状と商品目録が授与されます。

    それは放送中には終わらないくらい、かなりの数の副賞になります。


    その気になります副賞ですが、

  • ビール1年分
  • 牛乳1頭分
  • 梅干し10万個
  • 野菜や果物など1トン
  • ガソリン1年分
  • 米30俵
  • シイタケをトロフィー一杯分
  • 乳製品トラック1台分
  • 日本酒1年分
  • 高級腕時計
  • 牛肉1頭分

  • など、他にもたくさんあります。

    ですから、部屋でしょっちゅう優勝する関取は「米びつ」と呼ばれます。

    お米や野菜、牛肉などをお金を出して買わなくて済むからです。

    つまり、そういう人は部屋にとっては、食べ物を与えてくれる人ということなのでしょう。


    頂いた食べ物は部屋のみんなで食べます。
    食べ物以外のものは優勝した人が当然もらいます。


    スポンサーリンク


     まとめとして

    力士が優勝した場合の優勝金や副賞品についてみてきました。

    高額の優勝金と共に有り余るほどの副賞品を貰えることが分かりました。

    優勝金を現金で貰う人もいるということですが、
    大きな紙袋に入れて持って帰ると、実感もすごいものがあるのでしょうね。

    また、副賞品がすごいので、それだけで生きていけるかもしれません。


    強いことが全ての相撲の世界ですが、
    ただ、本当に強くなるには一筋縄ではいかないですよね。



    スポンサーリンク




    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ