ゆうメールとレターパックライトの違いは何?便利なのはどっち?


ゆうメールとレターパックライトの違い


郵便のサービスで、

  • ゆうメール
  • レターパックライト

  • を利用されたたことのある方は多いかと思います。

    しかし、一方で、

    「どちらも利用したことが無い!」

    という人もいるかもしれません。


    そういう人たちにとりましては、

    「ゆうメールとレターパックライトの違いは分からない!」

    かもしれませんね。


    どちらも似たようなサービスですので、どんな違いがあるのだろうかと思われるかも知れません。

    というわけで、この記事では「ゆうメール」と「レターパックライト」の違いについてお話したいと思います。


    スポンサーリンク



     ゆうメールとはどんなサービス?

    ゆうメールは、

    ○ 重さが3kgまでの小さな荷物を送るときに利用する。
    ○ 送れるものとしましては、冊子にした印刷物やCD、DVDなど。
    ○ 料金は全国一律で、一番安いものは180円~。
    ○ 着払いもできます。
    ○ 配達状況を確認できる追跡サービスもある。

    対面受け取りのない宅配ボックスへの配達をしてくれますし、
    発送はポストに投函して送ることができます。

    ※ 次のいずれかの方法で、内容が確認できるようにすることが必要となります。

    1)封筒または袋の納入口などの一部を開けておく
    2)中が見えるように、包装の外側に無色透明の部分をつくる
    3)内容品の見本を郵便局で直接見せる


    ゆうメールでは以下のものは送ることができません。

  • 納品書や請求書
  • 証明書類
  • 表彰状など

  • 小切手や図書券などは送ることができます。


    サイズや料金は次のようになります。

    ゆうメール


    また、規格(サイズ)がありまして、
    その規格より大きいか小さいかで料金が変わります。

    (規格=長辺34㎝、短辺25㎝、厚さ3㎝、重量1㎏)




    以下の表がゆうメールの料金体系です。

      重 さ      料  金
      規格内  規格外
    ~150gまで180円265円
    ~250gまで215円305円
    ~500gまで300円400円
    ~1㎏まで350円450円
    ~2㎏まで取り扱いなし560円
    ~3㎏まで710円


     レターパックライトとはどんなサービス?

    レターパックライトは、

    ○ 専用の封筒があり切手の貼り付けは不要。
    ○ 全国一律360円で送ることができる。
    ○ サイズはA4サイズで、厚さは3㎝、重さは4㎏のものまで。
    ○ 郵便受けへの配達。(対面受け取りでサインは必要ない)
    ○ ゆうメールでは送ることのできない信書(手紙や請求書)なども送ることができる。
    ○ お問い合わせ番号で追跡が可能。

    レターパックには、プラス、ライトの2種類ありますが、

    画像にありますように、右の青い方がレターパックライトになります。


    (左)レターパックプラス  (右)レターパックライト
    レターパック



     ゆうメールとレターパックの金額の違いで比較してみる

    ゆうメールとレターパックを金額の違いで比較してみましょう。

    ○ ゆうメールは、

    150g~3㎏までで → 180円~710円になります。


    ○ レターパックライトは、

    全国一律 → 360円ということでした。


    もし、ゆうメールで1㎏を超えるものを郵送しようとしますと、560円になってしまいます。

    なので、A4サイズの紙袋に入る大きさのもので1㎏を超えるものであれば、
    レターパックライトで送れば360円で済むわけですね。


    そのように考えますと、

    ・軽い荷物であればゆうメール
    ・重い荷物であればレターパックライト

    の方がお得ということになります。


    スポンサーリンク


     速達と追跡サービスについて

    速達と追跡サービスでの比較ですが、

    ゆうメールには速達のサービスを付けることができます。
    しかし、料金はその分上乗せになります。

    2kgまで → 320円加算
    3kgまで → 470円加算


    レターパックライトには速達は付けられません、


    速達料金については、次の一覧を参考になさってください。

    手紙・はがき・ゆうメールの場合

     
     手 紙

     はがき

       250gまで+280円(基本料金に追加)
       1kgまで+380円(基本料金に追加)
       4kgまで+650円(基本料金に追加)
     
     ゆうメール
       2kgまで+320円(基本料金に追加)
       3kgまで+470円(基本料金に追加)


    追跡サービスですが、

    ゆうメールには追跡サービスは付いていません。

    レターパックライトにはお問い合わせ番号があります。
    なので、追跡サービスにより配達状況を確認することができます。


     コンビニ利用の可否と着払いについて

    ゆうメールとレターパックライトのメリットとしましては、ポストに投函できるところです。

    もちろん郵便局への持ち込みもできます。

    なので、コンビニで郵便ポストが設置されている所であればポストに投函することはできます。

    ただ厚みが大きいと、投函口に入らないこともありますので注意が必要です。


    ポストのあるコンビニは

  • ローソン
  • ミニストップ

  • があります。


    着払いサービスですが、

    ゆうメールは着払いできますが、レターパックライトは着払いはできません。


     ゆうメールとレターパックライトの共通点は?

    ゆうメールとレターパックライトの共通点をあげますと、


    ○ どちらも郵便局の窓口か郵便ポストへの投函で発送することができます。

    ○ 集荷サービスはどちらもを利用することはできません。

    ○ お届けは郵便受けへの配達となり、対面手渡しではありません。

    ○ お届けの日にちや時間を指定することはできません。


    スポンサーリンク


     まとめとして

    この記事ではゆうメールとレターパックライトの違いについてみてきました。

    それぞれの違いとしましては、

    ・荷物の重さや厚さの規定の違い
    ・着払いの可否
    ・料金や追跡サービスの有無

    などがありました。

    自分の送りたい荷物によって、どちらを選べば一番お得になるのかを考えてご利用くださいますように。



    スポンサーリンク




    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ