ゆうパケットの料金と配達日数はお安くしかも速達並みの配達

ゆうパケット11



楽天やヤフー、アマゾンなどのインターネットショッピングは年齢を問わず沢山の方が利用しています。


それにともなって、大手業者に限らず一般の個人の方がネットショップを開業する時代となっています。


となりますと、品物を比較的安いコストで発送できことが大切です。


そんな中で、安い運賃で利用できていたヤマト運輸のメール便が廃止となりました。


そこに、新たなサービスの展開を始めたのが郵便局のゆうパケットです。


今回は、そのゆうパケットについてご紹介します。




スポンサーリンク


 そもそもゆうパケットって何?

実際に送られてきたゆうパケットの画像です。

ゆうパケット11
ゆうパケット22

ゆうパケットは2014年6月から始まったサービスです。


こちらを利用するには事前に郵便局との契約が必要となります。


その契約の条件ですが、次のように年間の利用個数やサイズが決まっています。

☆ 年間500個以上の配送物があること

☆ 3辺の合計が60㎝以内(長辺は34㎝以内)
☆ 厚さは3㎝以内
☆ 重さは1㎏以内

損害賠償はありませんので

ゆうパケットサイズとしては、ご覧のように比較的に小さな物を送る場合に適しています。


このゆうパケットの大きな特徴はいつでも配達出来る事です!!

つまり、日曜、祝日、土曜と関係なく毎日配達してくれます。


その上、集荷にも対応していので送る物が多い場合は重宝すると思います。


この、ゆうパケットには追跡サービスがあります。
荷物を差し出してから届けるまでの配送状況を確認することができます。


信書や現金を送ることは出来ませんが、簡単な挨拶状や請求書であるとか封のされてない添え状などは同封することができます。


利用個数が年間500個という数字が一般人には果てしない数字に見えますが、ネット販売をしている人にとっては検討するべき配送方法の一つになると思います。




スポンサーリンク


 ゆうパケットの料金はいくら?配達日数は速達並み!

ゆうパケット1

まず配達日数ですが郵便局によりますと

「配達日数は概ね差し出し日の翌日から翌々日にお届けします。」


となっています。


なので配達の目安としては

・12時前の差し出しであれば翌日

・午後の差し出しであれば翌々日


と考えておいて良いでしょう。


ただ注意したいのは、その郵便局の配達締切時間によって配達日数は変わってきますので一概には言えません。


また、離島や台風など天候状況や年末年始などの道路の混雑状況によっても配達日がずれてしまうこともあると思います。


でも、速達並みの早さが売りになっているサービスでもあり、実際のところ、同一県内や近隣県の場合ですと翌日には届く場合が多いようです。



さて料金ですが、具体的な料金という物は言えません。

何故なら定額制ではなく、個別に郵便局と契約することで料金が決まるからです。


その料金設定ですが


年間いくつの郵送物があるのか

厚さも1㎝、2㎝、3㎝なのか


のように、年間取扱量や配送物の厚さによって料金が高くなりますしそれぞれ金額が違ってきます。


ですが、概ね100円台になるらしいとのことです。


この料金に関しては、年間500件以上配送する物があるのでしたら、いくつかの配送業者から見積りを取っても良いかもしれませんね。


 配達日数は他社より早いし各種サービスが充実

ゆうパケット2

配達日数を他社と比べますと、ゆうパケットは速達並みの早さということで翌日から翌々日に届くのでダントツに早いと言えます。

(→ 他の同じような荷物の配達日数は、概ね3日から4日くらいの日数を打ち出しています)


また各種サービスもありますので挙げてみましょう


★ 配達日指定サービス

10日以内の日であれば配達日を指定することができます。


★ 翌配ワイドサービス

こちらは通常のゆうパケットよりも送達スピードが速く、しかも差し出し日の翌日に配達可能なエリアが広がります。


★ 当日配達サービス

所定の郵便局に定められた時刻までに差し出した場合につき、当日中に配達するというサービスとなっています。

定められる時刻は各郵便局によって時間が異なりますので注意が必要です。

 まとめとして

ご紹介のように、ゆうパケットはその場ですぐに利用することはできません。


でも年間を通して配送物が多く、また、小さな物の場合に配送料を少しでも安く抑える手段として適していると思います。


ただ、損害賠償がついていませんので高価な物の場合は少し不安が残ります。


ですが、必要経費の見直しの一つとしてゆうパケットの存在を無視してしまうのはもったいない気がします。


簡単に試算してみてもわかりますが、

配送物が年間500件もありますと、一つが20円~30円の違いで、年間1万5千円の違いになってしまいます。


年間の配送物の多い方は一度検討されてみてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ