土日に郵便は配達OKなのか?日曜・祝日の配達は例外で制限がある

郵便6


日常的に郵便を利用してはいますが、その業務は何となく「お役所」仕事というイメージを持ってしまいます。


ただ、毎日確実に葉書や封書などを届けてくれることってすごいサービスだと思われませんか?


でも、実は一般的な普通郵便ですと毎日配達をしている訳ではないみたいですね。


そこで今回は、もっとも使用頻度の高い普通郵便が対応できる日時について調べてみました。
また、日曜・祝日でも配達可能なサービスについてもご紹介いたします。



スポンサーリンク


 気になる郵便は土日も配達OKなの?

平日であろうが、土日であろうが、郵便局のトラックやバイクはよく見かけますよね。
でも、実際には配達している郵便の種類が違っているようです。


実は普通郵便の場合ですと、

配達自体は基本的には月曜から土曜までとなり日曜の配達はしていません。


また月曜から土曜の間でも、祝日の場合は配達はお休みとなっています。


ただ、集荷に限っては郵便ポストなどから、日曜や祝日でも行っているケースが多いようです。


さてこの集荷も、土日は平日よりも極端に集荷の回数が少なくなりますので注意が必要です。


ご存じのように、一部のコンビニにもポストが設置されていますが、こちらの集荷は平日・土日問わず一般の郵便ポストよりも回数が少ない場合が多いようですので注意しましょう。


 日曜・祝日配達される例外とは?

悩みごと

普通郵便は日曜・祝日は基本的には配達をしませんが、よくよく考えると元日には配達してくれますよね。


実は配達日時にも例外があり、祝日も配達をしてくれる場合もあります。


まず代表的なのが皆さんよくご存知の、1月1日の年賀状配達です。


年賀状の配達は当たり前のように感じますが、実際は祝日扱いのため、例外で配達を行っているのですね。


また年賀状配達の絡みで、年始の日曜にも配達してくれる場合があるそうです。


その他にもゴールデンウィーク期間や年末などでも、前年の実績に応じて日曜や祝日に配達してくれる場合があります。


普通郵便の日曜及び祝日の配達は例外的なものであることがお分かり頂けましたでしょうか。


では、確実に日曜・祝日に届けて欲しい郵便物はどのようにしたらよいのか?
日曜・祝日にも利用できる配達サービスをみていきましょう。



スポンサーリンク

 どうしても日曜・祝日に届けて欲しい場合は?

悩みごと
仮に日曜に届けたい、または受け取りたい場合
ですが、先ほどもお話ししました通り普通郵便
でしたら例外的な場合のみとなりますので、
普通郵便での対応は望めないことになります。


普通郵便以外での日曜・祝日の配達でしたら
例えば日本郵便のサービスですと


速達郵便・書留郵便
代金引換郵便・電子郵便(レタックス)
配達時間帯指定郵便・ゆうパック
レターパックプラス、レターパックライト


などがあります。


すべて、日曜・祝日も配達してくれるサービスとなりますが、いずれも追加料金が必要になります。


それから、これらの中には相手の受け取りを確認したい場合に、相手に届ける日時を指定できるサービスの利用が可能なものもあります。


先ほどの中では

「配達時間帯指定郵便」

が便利です。


ただし日曜着の場合は、前日の午前中に郵便局でお願いする必要があり、また地域によっては翌日に届かない場合があるようですので要確認となります。


また、郵便ポストへの投函はできないというデメリットもあります。


 まとめとして

日本郵便以外にも同様のサービスを行っている会社はありますが、それぞれメリットデメリットがあるようです。


集荷・配達のどちらを優先するかによって利用するサービスも変わってきますのでよく検討しみられるのも良いと思いますよ!



「関連サイト」切手はコンビニで販売してますか?普通に買えます!ポスト情報もね!

「関連サイト」速達郵便は土日でも受付OKなの?土日を夾んだ配達日数はどうなるの?

「関連サイト」切手の貼り方にもマナーがあるの知ってますか正しく貼る位置はどこ?



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ