切手の販売はコンビニでしてるの?各種類が買える意外な購入体験


切手はコンビニで販売

コンビニで切手は買えるのかな~??

ハイ!各種類の切手が普通に買えます。


2円、10円、50円、63円、84円切手・・・などなど。


でも身近なコンビニですが、どこのコンビニでも売っているのだろうか? 取り扱ってる種類は?


そんな疑問にお答えするため、各店舗にうかがい実地調査を行ってみました。


また、おまけ情報として、

・ポスト設置店舗は?
・コンビニ以外で切手を買うとしたら、どのようなお店があるのか?

そのような耳寄りな情報もご紹介させて頂きます。

コンビニで切手の購入の仕方や、際の注意点などもご参考になさってください。


☆ 2019年10月1日より、郵便料金などの変更 ☆



スポンサーリンク

 切手はどこのコンビニでも各種類あるのか?聞き取りをしてみました

コンビニは街角にたくさんありますが、どのお店でも各種切手を買えるのでしょうか?


基本的には以下の、

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルK
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • などの大手コンビニでは、会社で包括契約をしているケースがほとんどですのでどこでも取り扱っているようです。

    ただ、一部コンビニでは、このような包括契約をしていない場合があったりします。

    また個人商店がオーナーになったコンビニなどでは、契約の有無により切手の取り扱いのないお店もあるようです。




    コンビニを訪問し販売している切手の種類を調査をしてみた!!

    調査の方法ですが、

    全く違う4地域で、上記の6点のコンビニを訪問し聞き取り調査をしてみました。
    (2018.5 調査実施)

    ※ 切手の料金が変更されましたが販売状況の把握として十分参考になると思います!


    ○ セブンイレブン A地域:2円 10円 63円 84円
    B地域:2円 10円 63円 84円 92円 120円 280円
    C地域:10円 63円 84円 92円 120円 140円 280円
    D地域:2円 10円 63円 84円

    ○ ローソン A地域:2円 5円 10円 63円 84円 92円120円 140円 205円 280円 310円
    B地域:10円 63円 84円 92円 120円
    C地域:2円 5円 10円 50円 63円 84円 92円 100円 140円 280円
    D地域:2円 10円 63円 84円 120円

    ○ ファミリーマート A地域:63円 84円
    B地域:2円 63円 84円 92円
    C地域:63円 84円 92円 120円
    D地域:63円 84円

    ○ サークルK A地域:1円 2円 10円 63円 84円 92円 100円
    B地域:10円 63円 84円 120円 140円
    C地域:63円 84円 92円 120円
    D地域:2円10円 63円 84円 100円

    ○ デイリーヤマザキ A地域:2円10円 63円 84円 120円
    B地域:2円 10円 63円 84円 100円
    C地域:2円 10円 63円 84円 92円 120円 140円 280円 310円
    D地域:10円 63円 84円 100円

    ○ ポプラ A地域:1円 10円 63円 84円
    B地域:10円 63円 50円 84円 92円 100円 140円
    C地域:2円 10円 63円 84円 92円 120円 205円 280円
    D地域:84円


    ※※ コンビニで取り扱っている切手の種類について ※※
    今回の調査で、店舗によって販売している種類が違うことがよくわかります。

    ファミリーマートでしたらこの種類、

    ローソンでしたらこの種類、

    というわけではないということです。

    たとえローソンであっても、それぞれの店舗ごとに扱いが違っています。


    これは、切手がよく出る店舗であれば、多種類で数量も多く扱っているということになります。

    そこで購入の際の注意点としては、

    店舗によっては売り切れの切手がある可能性もあります。
    なので、切手の枚数が多くいる場合でしたら、あちこちのコンビニを回ることも覚悟したほうがよいですね。

    また、アニメ切手や名所・旧跡切手などの特殊な切手も販売されていないようです。



    << ご参考 >>

    郵便局で販売してる切手の種類(2019年10月1日現在)
    以前、販売されていて、現在ないものは未販売としています。


                    切手の種類一覧
      金 額  種類(図柄)  金 額  種類(図柄)
    1円普通切手前島密120円普通切手フジ
    2円普通切手エゾユキウサギ140円普通切手ヤマブキ
    3円普通切手シマリス(未販売)210円普通切手西表石垣国立公園
    (海中のサンゴ)
    5円普通切手ニホンザル290円普通切手日光国立公園
    (中善寺湖と男体山)
    10円普通切手トキ320円普通切手瀬戸内海国立公園
    (瀬戸内の島々)
    20円普通切手ニホンジカ500円普通切手十和田八幡平国立公園
    (奥入瀬渓流)
    30円普通切手キタキツネ(未販売)1000円普通切手富士図(未販売)
    50円普通切手ニホンカモシカ
    63円普通切手ソメイヨシノ慶事用63円普通切手扇面に梅文様と鶴
    84円普通切手ウメ慶事用84円普通切手扇面に竹文様と鶴
    92円普通切手スミレ慶事用90円普通切手扇面に松文様と鶴
    100円普通切手サクラソウ弔事用63円普通切手花模様

    切手によって種類(図柄)が違います。色合いや図柄は以下のサイトで確認ができます。

    普通切手一覧


     コンビニで切手を買う方法は?店内の陳列棚には無い!?

    さて、コンビニで商品を購入するときですが、当然、店内の陳列棚を見て回ります。

    では、切手はその陳列棚にあるのでしょうか?
    いえいえ、陳列棚に切手はありません。

    お店の中を探し回ったけど、切手が見つからなかった方もおありでしょう。

    切手は、カウンターの見えない場所に保管してあります。


    ですから、切手を購入するときは店員さんに、

    「切手をください」

    と伝えて下さい。


    そして、自分が必要な金額の切手と、その枚数を伝えて下さい。


    自分が欲しい切手の種類は、ご自身であらかじめ調べておかないといけません。

    不安な方は、次で説明していますので読んでみてください。


     コンビニで郵便物の計量をしてくれるのか?

    ところで切手は、郵便物の重さによって料金が変わってきます。

    では、

    「コンビニで郵便物の計量をしてくれるのでしょうか?」

    実は、コンビニでは郵便物の重さを計量しません。

    コンビニは、切手を販売することはできても、料金を決定することは許されておりません。


    あらかじめ、郵便物の重さを量り必要な切手をご自身で確認しておきましょう!!
    以下にあります、重さ別の切手の料金一覧を参考になさってください。


    (日本郵便のホームページからの引用)
    Q:コンビニで郵便物(はがき、定形・定形外郵便物等)を計量してもらうことはできますか?
    A:コンビニの店頭での郵便物(はがき、定形・定形外郵便物等)の計量は行っておりません。

    お客さまご自身でご確認いただくか、郵便局の窓口にお越しください。

    重さ別の切手の料金一覧です(2019年10月1日改定~)
       
      定形郵便物
        25g以内    84円
        50g以内    94円
      


      定形外郵便物
       規格内   規格外
        50g以内    120円   200円
        100g以内    140円   220円
        150g以内    210円   300円
        250g以内    250円   350円
        500g以内    390円   510円
        1kg以内    580円   710円
        2kg以内  取り扱いなし   1040円
        4kg以内   1350円
       通常はがき      63円
       往復はがき     126円
      
       年賀はがき
         
         63円
    (2019年用から年賀はがき料金は63円)
    表面に「年賀」と朱記する。
    (私製でもよい)

    (定形外郵便物の規格=長辺34㎝、短辺25㎝、厚さ3㎝、重量1㎏)



    関連サイト:定形郵便物と定形外郵便物の意外な盲点を知っていますか?



    速達を利用する場合の料金一覧です(2019年10月1日改定~)
    種 類重 さ通常の料金速達の料金合計料金
    定形郵便物

    25g以内84円290円374円
    50g以内94円290円384円
    定形外郵便物

    (規格内)
    50g以内120円290円410円
    100g以内140円290円430円
    150g以内210円290円500円
    250g以内250円290円540円
    500g以内390円390円780円
    1kg以内580円390円970円
    定形外郵便物

    (規格外)
    50g以内200円290円490円
    100g以内220円290円510円
    150g以内300円290円590円
    250g以内350円290円640円
    500g以内510円390円900円
    1kg以内710円390円1100円
    2kg以内1040円660円1700円
    4kg以内1350円660円2010円
    通常はがき63円290円353円



    スポンサーリンク


     意外にも「〒」マークのないコンビニでも切手は販売しています!

    コンビニの正面に「〒」マークを見かけます。

    切手 コンビニ

    でも実際には「〒」マークのないコンビニもあったりしますね。
    心配ありません「〒」マークがなくても切手を購入することができました。

    知ってるようで知らない意外な購入体験でした!!


    「〒」マークのないコンビニで買った、2円切手10枚です。

    ↓ ↓ ↓

    切手 コンビニ2

    さて、コンビニ以外にも切手を売ってるところがあるようですが、どのような場所でしょうか。


     コンビニ以外で切手を買うとすればどこで売ってるの?

    切手はコンビニで販売
    コンビニ以外で切手を買う場合ですが、よくたばこ屋さんなどの個人商店で扱っているのを見たことがありますよね?


    この様な店舗を「切手類販売所」といいまして、郵便局の代わりに切手を販売しています。


    「〒」マークが目印ですが、地元の方以外だと、どこで売っているのかは分かりづらいところはありますね。



    その他には


  • 金券ショップ
  • (→ 切手の価格についてはお店によりその相場は異なるようですが定価よりも安く購入することが出来ます。)

  • 駅の売店キヨスク(KIOSK)
  • 大型スーパーのサービスカウンター

  • などがありますのでご参考になさってください。



    スポンサーリンク


     切手を売っているコンビニなどや郵便局との関係とは ☆重要

    コンビニ
    ご紹介しましたように郵便局以外に切手を販売しているコンビニや商店などありまですが、これらの販売店と郵便局との関係も知っておいた方がよいと思われます。


    コンビニや商店などでの切手販売は、あくまで「業務委託」ですので、郵便物の郵送に関する責任は負えません。


    お客さんから言われた通りの額面の切手を売り、日本郵便が回収するためのポストを設置しているだけに過ぎません。

    ですから、切手購入額が足りないなどの、後々トラブルにならないためには郵便局で手続きをするのが無難かも知れませんね。


    ちなみに、切手がいくら売れても、あまり利益につながらないようですが、売れた金額に応じた販売手数料が、日本郵便から支払われる形になっているようです。


    さて、手紙を出すのにポスト探しに困ったりしますが、切手を売ってるコンビニすべてにポストがあるとは限らないようです。


     ポストの設置してあるコンビニは?

    ローソンの店内に設置されたポスト
    ローソンのポスト

    コンビニでは店内にポストを設置しているところもあります。

    ポストを設置しているコンビニは、


    ローソン:(集荷は1日2回・時間は店舗ごとに異なる)

    ミニストップ:(集荷は1日1~2回・時間は店舗ごとに異なる)

    になります。


    ただ、一部地域では設置されていない場合もあるようです。


    また他の配送業者と契約し、ポストの設置を止めてしまったコンビニもあるようですので注意が必要です。


    ※地域により、他のコンビニでも郵便ポストが設置されてる場合がありますので要確認です。

    関連サイト:ポストのサイズは?投函口の大きさはポストの種類によって違う!!


    ★☆大容量で戸建てマンションの両方で使えます。収納もコンパクトでしかも低価格♪

     切手を貼らない?メータースタンプとは


    切手をわざわざ購入しないで、切手の代わりになるメータースタンプというものがあります。

    そのメータースタンプとは何かといいますと、

    ・郵便局名
    ・年月日
    ・郵便料金

    が赤色で表記された、電車の切符くらいの大きさのラベルのことです。
    (郵便物に直接印刷されている場合もあります)


    郵便局で販売されている切手とは違い、郵便料金計器という機器で印字されたものになります。

    またこの機器ですが、

    差し出された郵便物の料金と数を計算して、郵便料金を徴収するための機器でもあります。


    各郵便局に設置されていますが、郵便局以外の民間企業等でも承認を受ければこの機器を取り寄せ使用することができます。


    郵便料金計器の製造メーカーも数社あって、それぞれのメーカーで「メータースタンプ」の印影は異なっています。


    メータースタンプの利点ですが、

    ◎ 切手を郵便物に貼って差し出すよりも、郵便物の数量管理や郵便料金管理の効率化が図れる。

    ◎ 広告媒体としての効用もある。
     ⇒ 郵便局名、年月日、郵便料金を示した印影の横に、使用者が宣伝したい文言やイラストを表記することもできます。


     まとめとして

    ご紹介のとおり、コンビニにはポストがあり、また切手を売っているコンビニや商店もありますが、あくまで郵便局から委託されているだけです。


    相手先に届かなかったり、料金不足で戻ってきた際の責任を問うことはできません。


    例えばコンビニで切手を購入し、ポストに入れても届かなかった場合でも郵送中の事故等を除けば、責任はあなた自身にあります。

    また、郵送に関する事故があった場合の責任を負うのは、コンビニではなく日本郵便であり郵便局であることを覚えておきましょう。


    後々トラブルにならないためにも、なるべく郵便局で手続きをするようにしましょう。
    大きめの郵便局であれば、24時間・365日営業しているところもあります。


    「関連サイト」ゆうメールはどれくらいの日数で届いて土日でも利用できるのか?

    「関連サイト」封筒を送る時の切手の料金はいくらでもし切手が不足のときはどうなる

    「関連サイト」速達郵便は土日でも受付OKなの?土日を夾んだ配達日数はどうなるの?

    「関連サイト」土日に郵便は配達OKなの?日曜の配達は例外で制限がありますよ!

    「関連サイト」切手の貼り方にもマナーがあり貼る位置も縦書横書で決まってます

    「関連サイト」雨の日でも手紙が濡れないための気配り心配りで真心を配達

    「関連サイト」切手の貼り方で複数枚の場合で見栄えが良く高感度アップの方法


    スポンサーリンク




    2 Responses to “切手の販売はコンビニでしてるの?各種類が買える意外な購入体験”

    1. おれ より:
      ○○円など沢山の種類を販売って…
      いくらまで売ってるか知りたかったのに…
      • heiwa-777 より:
        おれ 様

        >いくらまで売ってるか知りたかったのに…

        「それぞれのコンビニで取り扱う切手の種類(額面)在庫枚数などは、全くバラバラです。」

        「つまり、切手がよく出る店舗であれば、多種類数量も多く扱っているということになります。

        切手の枚数多くいる場合でしたら、あちこちのコンビニを回ることも覚悟したほうがよいですね。」

        ご参考になりましたら幸いです。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ