封筒を送る時の切手の料金はいくらでもし切手が不足のときはどうなる

封筒



通常、はがきを送る場合は、既に切手が印刷済みのハガキもあって郵便料金がすぐに分かります。


でも、いざ封筒を送るとなると切手はいくら貼れば良いのか?
料金が分からなくなる事もありますよね。


また封筒には定形郵便物・定形外郵便物の2種類があって料金もやや複雑です。
重さでも料金が変わりますので間違いのないよう切手を貼って出しましょう。


もし、間違って料金が不足した場合はどうなるのか?

そちらも検証していきましょう。



スポンサーリンク


 封筒のサイズで切手の料金が違っています

まず封筒で送る手紙などは聞き慣れない言葉ですが「第一種郵便物」と呼ばれています。


その中でもサイズと重さによって


  • 定形郵便物

  • 定形外郵便物

  • に分けられています。

    ※ はがきは「第二種郵便物」と呼ばれます。


    定型郵便物と定形外郵便物の違いをまとめてみました。
    ★定形郵便物は

    最小サイズが:縦14cm・横9cm、

    最大サイズが:縦23.5cm、横12cm、厚さ1cmまでの、

    重さ50g以内の郵便物を指します。


    ★定形外郵便物は

    3辺の合計が90cm以内、

    重さ4kg以内の郵便物を指し、

    円筒状の様な郵便物も受け付けてくれます。


    料金については、

    定形郵便物の場合は

    25gまで⇒ 82円

    50gまで⇒ 92円で

    この料金で全国どこへでも郵送してくれます。


    定形外郵便物の場合は

    こちらも料金は全国一律ですが、4㎏以内の重さの範囲で金額(最大で1,180円)が変わってくるのです。


    両者の料金体系を表にしてみました(2014年4月1日改定~)
       定形郵便物    25g以内    82円
        50g以内    92円





       定形外郵便物
        50g以内    120円
        100g以内    140円
        150g以内    205円
        250g以内    250円
        500g以内    400円
        1kg以内    600円
        2kg以内    870円
        4kg以内   1,180円
       通常はがき      52円
       往復はがき     104円

    郵便局でサイズや重さを量ってもらうのが一番確実なのですが、郵便局に行かずに郵便ポストへ投函する際は、重さを量り、重さに合わせた料金相当の切手を貼って投函しましょう。


    料金も変更があったりしますので、料金を知りたい場合はまず郵便物のサイズと重さを量り、郵便のホームページなどで料金を調べてみましょう。

    ※ 郵便物の重さの誤差に注意を!!


    郵便物の重さを調べる時には、重さの誤差に注意しましょう。

    郵便局で使用しているはかりは、0.1g単位の表示となっています。
    ですから、重さが0.1gオーバーでもだめと言うことになります。

    たとえば定形郵便物ですと

    ・25グラムまで → 82円
    ・25グラムを超えるもの(25.1g~)→ 92円

    となります。

    ご自宅、あるいは職場に0.1グラム単位で表示される計量器のない場合はご注意を。



    スポンサーリンク


    「関連サイト」封筒の重さによる切手の料金の目安は紙が何枚までか知ってますか

     速達で送ると切手の料金は?

    速達


    手紙を速達で送りたい場合は、郵便料金の他に別途 速達料金 が掛かります。

    この速達料金は定形郵便物・定形外郵便物問わず、重さにより料金が変わります。


    この重さによる速達料金ですが

    250g以内 ⇒ 280円

    1kg以内 ⇒ 380円

    4kg以内 ⇒ 650円


    このようになっていますので、その金額を郵便料金に追加する事により、速達で送ってもらえます。


    速達を利用する場合の料金一覧です(2014年4月1日改定~)
    種 類重 さ通常の料金速達の料金合計料金
    定形郵便物25g以内82円280円362円
    50g以内92円280円372円


    定形外郵便物
    50g以内120円280円400円
    100g以内140円280円420円
    150g以内205円280円485円
    250g以内250円280円530円
    500g以内400円380円780円
    1kg以内600円380円980円
    2kg以内870円650円1520円
    4kg以内1,180円650円1830円
    通常はがき52円280円332円


    さて封筒を速達で送る場合の注意点ですが

    この速達の場合には目印として、封筒の横幅の2/3ぐらいの長さを目安に「赤い線」を表示してください。


    赤い線の場所ですが、縦長の郵便物なら表面の「右上部」に、横長の郵便物でしたら「右側部」に表示します。


    縦長の郵便物なら表面の「右上部」
    ↓ ↓
    速達1

    横長の郵便物でしたら「右側部」
    ↓ ↓
    速達22


    また得に表示の必要はないようですが、封筒の上部に赤字で「速達」と記入してもよいでしょう。


    100円ショップなどで速達スタンプを売っていますが、速達郵便と分かれば、手書きでも問題ありません。


    参考に、はがきの場合ですとこんな感じです
    葉書 速達


    因みに速達は通常の郵送よりも半日から1日早く届けるサービスですが、時間指定などはできません。


    時間指定が必要な場合は、別途配達日指定サービスを利用すると良いでしょう。
    時間帯指定の他にも、平日・休日の指定もできますよ。


    「関連サイト」速達郵便は土日でも受付OKなの?土日を夾んだ配達日数はどうなるの?

     郵便料金が不足した場合はどうなるの?

    切手不足

    ところで、郵便ポストに投函した郵便物が、戻ってくるケースがあります。


    これは送ろうとした郵便物の郵便料金が不足している為でして、主に重さに必要な料金が不足している事が原因と言えるでしょう。


    ただ、戻ってきた郵便物には貼り紙に「料金不足」としか記載されておらず、いくら追加すれば良いのか等は分かりません。(何か不親切ですね・・)


    その様な場合は、郵便局へ持って行き、量ってもらって送付するのが確実です。


    なお、郵便物が戻ってくるこの様なケースですが

    『差出人が投函されたポストの近隣の住所』


    であるときに送り返されます。


    なので、差出人の住居から離れた別の都道府県などに送った場合、受取人にそのまま送るというルールになっています。


    これは速達の場合も同様です。


    そして、不足分の料金は郵便局としては受取人から集金する事になっています。


    これではお相手に大変な失礼をしてしまう事になります。


    ですから、自分で調べた郵便料金に自信のない場合は、ポストに投函する前に少し多めの料金分の切手を貼って送るのも対策として良いでしょう。


    なお、受取人は受け取りを拒否(不足分支払拒否)する事ができます。


    その場合には料金不足という理由で、差出人に戻ってきます。

     まとめとして

    料金不足によって受取人にご迷惑を掛ける事になる前に、郵便局の窓口で重さの確認をお願いする等の対応を取りましょう。


    また裏面に差出人の住所・氏名を記載するのをお忘れなく!


    記載を忘れてしまうと、料金不足の郵便物を差出人に戻すことが出来ません。


    結局受取人に再度請求の催促がいってしまうこともある様ですよ。


    「関連サイト」封筒の重さによる切手の料金の目安は紙が何枚までか知ってますか

    「関連サイト」切手はコンビニで販売してますか?各種類が買えます!ポスト情報!

    「関連サイト」定形郵便物と定形外郵便物の意外な盲点を知っていますか?

    「関連サイト」定形外郵便のコンビニでの送り方や取扱いのないコンビニはどこ?

    「関連サイト」速達郵便は土日でも受付OKなの?土日を夾んだ配達日数はどうなるの?



    スポンサーリンク


    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ